読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stockroom|まいにち「好き」を着よう。

ファッションライター&ブロガーのアンナがお送りするファッション情報配信サイト。まいにち「好き」を着よう。

今すぐおしゃれになりたい男子はまず”ボトムス”を見直せ。

こんにちは。ファッションブロガーのあんちゃです。

「おしゃれになりたい」ってきっと誰しもが思うことだと思うんですが、まず何から意識すればいいかわからないんですよね。

今回は男性向けに「今すぐおしゃれに見える方法」をひとつ紹介したいと思います。

全国の男性陣はまじでここを見直してほしい!

 

メンズのおしゃれの鍵は”ボトムス”がすべてだ。

最初にみなさんが「おしゃれな服着たいな」と思った時に探すアイテムってなんですか?

きっと多くの人が”トップス”(上半身に着るもの)に目がいくんじゃないかなぁと思います。

でも、それはちょっと違うんです。

 

おしゃれに見える人とそうじゃない人の違いは”ボトムス”の選び方なんです。

どんなにイケてるシャツやセーターを着ていても、ダサい形・ボロボロのズボンを履いていたら一瞬でダサくなってしまいます。

 

▼おしゃれなシャツでもボトムスの違いで雲泥の差がでる図。

f:id:aopa-----nda:20170110224909j:plain

 

ボトムスは細身で暗い色をなるべく選ぼう

じゃあ実際にどんなアイテムを選べばいいの?って話なんですが、

個人的に、誰にでもおしゃれに見えておすすめなのは「細身で暗い色のもの」

ワイドでゆるっとしたパンツは難易度が高く、よくファッション雑誌とかでは外国人モデルの人がかっこよく着こなしているんですが、そもそも日本人とは体型も骨格も違うので必ずしもみんなが着こなせるアイテムではないんですよね。。

だからまずはスキニーパンツやテーパードパンツなど、裾に向かって細くなっているパンツを選ぶのがおすすめです。

 

▼スキニーパンツは全体的に細く、足にぴたっとくっつくような細身のパンツ。

f:id:aopa-----nda:20170110232251j:plain

引用:http://wear.jp/genji/8899568/(WEAR)

こういう黒スキニーは一番スッキリして足がシュッとして見えるので、足が短い!って人でもおすすめ。

このコーデで幅の広いパンツにすると、全体的にダボっとした印象になっちゃうので注意ですね。(似合う人は似合うんだけど、人を選びます)

 

▼テーパードパンツは上がゆったりめだけど裾にかけて細くなっているパンツ。

f:id:aopa-----nda:20170110232330j:plain

引用:http://wear.jp/genji/8365489/(WEAR)

足が太い・筋肉が目立ってスキニーが入らない!って人とかはこっちがおすすめですね。

こういうチャコールグレーも暗めの色なので引き締まって見えますね。

こちらのコーデではトップスのセーターがゆるっとしている分、パンツは細身でメリハリをつけてあげるのが◎。

 

基本的にダークトーン(黒とかグレーとかネイビーとか)の色のパンツを選ぶと下半身がすっきりまとまって見えます。

白やベージュは膨張色なので、上級者向けです。

下手すると足が短く、太く見えてしまうから。

ベージュで幅の広いワイドパンツなんかはかなり難しいアイテムだと思います。

 

だからまずは↑に挙げたような黒っぽいスキニー・テーパードパンツなどを選んでみるといいですね。

 

おしゃれになるのに高い金を払う必要はない

で、みんなおしゃれするのに高いブランド物を買わなきゃいけないと思ってる人が多いんですが、全くそんなことはない。

おしゃれ=高くていいものを着ることではないからです。

別にユニクロのスキニーでもいいんです。

高いものを着ることではなく、うまく着こなすことが一番大事。

 

安いものでもおしゃれに着こなせるようになったら、自分の好きなブランドを見つけて投資すればいいんです。

だから最初からお金をかける必要は全然ない。

ファッション雑誌を見てると高いアイテムばかりだからみんな惑わされちゃうんですよね。「おしゃれにはお金がかかるんだ」って。

でもそこは全然関係ないので、まずはプチプラなアイテムでチャレンジしてみてください。

 

この本がめちゃくちゃ参考になるよ

メンズファッションの着こなしのテクニックでめちゃくちゃ役立つのがこの1冊。

女のわたしが読んでも目からウロコの知識やコーデがたくさん載っていました。

今回の記事で紹介したことも、この著者の本をたくさん読んだおかげです。

 

ただ”なんとなく”おしゃれするんじゃなくて、しっかり学んでおしゃれしたい!って人はぜひ読んでみてください。

 

それではこのへんで!