stockroom|ミニマリストの私が愛する究極のモノたち

ファッションライター&ミニマリストのアンナがお送りするミニマリストファッションサイト。まいにち「好き」を着よう。

他人より優れたものを欲しがろうとすればするほど、身も心も貧しくなる。

▼この記事を今すぐシェアする!▼

f:id:aopa-----nda:20181114184601j:plain

いまの世の中は今よりもっと便利で贅沢なモノやサービスを生み出そうとしている。

だけどそれを盲目的に追い続けると、便利さと贅沢を得る代わりに大切なものを失ってしまう。

 

それは"自分が本当に必要なものを選ぶ力"

 

 

 

まわりと同じものを持たなきゃ

話を合わせなきゃ

他人よりたくさん持っていなきゃ

そうやって人と比べるほど、モノを買う基準が他人になっていく。

 

自分が必要かどうかではなく、他人に劣らない自分であろうとしてしまうからだ。

 

 

気づかぬうちに「選ばされて」いる

多くの人は選んでいるのではなく、選ばされている。

 

「他人よりいいものを持たなきゃ」

「乗り遅れないようにしなきゃ」

そういう自らの思い込みによって選ばされているのだ。

 

あなたがいま持っているものは、本当に自分が心から必要だと思って選んだもの”だろうか?

 

 

モノを買ったり何かを体験するときに考えるべきことは、いたってシンプルだ。

それは「自分にとって本当に必要かどうか」。

 

「人によく見られるか?」「かっこいいと思われるだろうか?」

なんてことは、実は考えなくてもいいことなのである。

 

 

選ぶ基準を「他人」から「自分」にする

 

流行している服ではなく、自分に合う服を選ぼう。

 

他人にすごいと思われる生き方じゃなく、自分の心に従う生き方を選ぼう。

 

 

本当に必要なものはあなたのすぐ手の届く場所にあるはずなのに、どこかみんな複雑に考えすぎているのかもしれない。

 

人にどう思われるかより、自分がどう思いたいか。

人にどう見られるかより、自分がどうありたいか。

 

あらゆる基準を他人ではなく自分に変えるだけなのだ。

 

 

「人より優れたモノ」ではなく、「自分にとって優れているモノ」を選ぶ力を磨こう。

 

そういう基準を持てるようになれば、思い込みに選ばされていた虚無感から抜け出し、堂々と自分の決断に誇りを持てるようになるだろう。

 

身も心も満たされ、必要以上のものを求めず足るを知るだろう。